カークランドのミノキシジル濃度

カークランドはリアップやロゲインと同じくミノキシジルを主成分とした育毛剤です。

主成分は同じな為、効果も同じですがカークランドはロゲイン(リアップ)ジェネリックの為、安く購入できるのが特徴です。
そして、このカークランドのミノキシジルは濃度によって効果の強さも変わってきます。

育毛剤の歴史を話しましょう。
最初に海外でロゲインが育毛に効果的とされ販売されていましたが、日本は規制で購入出来ませんでした。
そこで国内で販売され始めたのがリアップです。

カークランドなど現在主流のものはミノキシジル5%のものですが、この時発売されたリアップはミノキシジル1〜3%。
効果がとても弱かったのです。

この為、日本内ではリアップやカークランドに含まれるミノキシジルは"効かない"というイメージが残っているようです。

しかし先程も言った通り、ミノキシジルは濃度によって効果がかなり違ってきます。
現在主流のカークランドミノキシジル5%は育毛にかなり有効だと学会でも発表されています。

もし、以前のリアップなどミノキシジル濃度の低い育毛剤を使って諦めた経験がある人はその違いにきっと驚くでしょう。

特に最近ではリアップよりもカークランドの方が安価ということで個人輸入で手に入れる方が多いようです。